「最低すぎる母親」から少女を救った意外な人物

漫画「前科者」(第2集 第14話)

「いつか誰かが助けに来る」と思って待っていた幼少期──そのときの自分を救うのは……?

刑務所の仮釈放者や少年院の仮退院者ら、保護観察処分を受けた人たち。

『前科者』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

その更生を支援する人たちがいます。それが、非常勤の国家公務員・保護司です。

川佳代は、コンビニエンスストアでのアルバイトと新聞配達をして生活費を稼ぎながら、保護司として働いています。

何らかの罪を犯した後、刑期を終えて出所してきた人々と向き合う日々の中、彼女が直面する“想定外の出来事”とは。また、一筋縄ではいかない彼らの、はたからは簡単には窺い知ることのできない心の内とは──。

漫画『前科者』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(25ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT