本屋が儲からない!出版業界を襲う深刻ジレンマ

有隣堂社長に聞く「鬼滅バブル」でも笑えぬ窮状

首都圏で約40店を展開する有隣堂。書店業で利益をあげるのは困難な状況だという。(記者撮影)
紙の出版物の市場縮小が止まらない。
2020年の推定販売金額は、コミックス『鬼滅の刃』(集英社)の大ヒットもむなしく、16年連続で縮小。ピーク時に2万店を上回った書店数も1万店を割り込み、2019年度は9242店となった。
約40店の書店だけでなく、飲食店やアパレル、理容店などと書籍販売を組み合わせた複合店舗も展開する有隣堂。創業家出身で2020年9月に第7代社長に就任した松信健太郎社長に、出版業界が抱える構造問題について聞いた。

コスト削減はやり切った

――2020年の紙の出版市場は前年比0.9%の減少にとどまりました。出版市場の落ち込みは下げ止まったのでしょうか。

『鬼滅の刃』という化け物作品の登場と、コロナ禍で自宅に押し込められた人々が身近な娯楽を求めて書店に押し寄せたという、2つの偶発的な要素が重なっただけだ。マーケットが成長しているという実感は持てない。

――有隣堂グループは2020年8月期に最終赤字に転落しました。純利益はここ10年間、数億円前後で推移しており、このままでは黒字経営が困難になるのではないでしょうか。

当社の売上高は、書籍とそれ以外でおおよそ半々だ。2021年8月期はGIGAスクール構想でOA機器販売の特需が発生し、良い決算になりそうだ。

一昔前までは書店が利益の中心を担っていたが、今は利益の大半を書店以外が稼いでいる。営業利益率1%を目標に、懸命に(経営の)立て直しを図っているところだ。競合する書店グループの多くも同じ状況で、2%以上の利益率は難しくなっている。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「激動の出版」では以下の記事を配信しています。

本屋が儲からない!出版業界を襲う深刻ジレンマ

TSUTAYAが打ち出した「書店不況」打開の秘密兵器

富士山マガジン社長が説く「雑誌生き残り」の秘策

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT