三菱電機がテレビ撤退、ついに始まった「選別」

国内シェアはわずか2.9%、開発競争に白旗

液晶テレビ事業の大幅縮小を発表した三菱電機。不採算事業の整理が本格化するのか(撮影:梅谷秀司)

ようやく見切りがつけられた。

三菱電機は11月1日、液晶テレビブランドの「REAL(リアル)」事業の縮小を発表した。家電量販店への出荷はすでに9月末で終了し、全国に約1300店ある小規模系列店「三菱電機ストア」への出荷も2024年3月をめどに終了する。

不採算事業の整理が待ったなし

競馬場やスタジアムに設置される大型映像装置「オーロラビジョン」や、鉄道車内ディスプレイ「トレインビジョン」の製造は継続するものの、テレビ事業からは事実上撤退する。

10月の取材で「われわれには(赤字事業の整理などを)判断する癖がついていない」と語っていた漆間社長。無料の会員登録で読める、インタビュー全文はこちら(撮影:尾形文繁)

これに合わせ、タイの工場で行ってきたテレビ生産の稼働率も10分の1程度まで大幅縮小しているもようだ。

テレビの企画・開発や出荷前検査を担ってきた京都製作所(京都府長岡京市)の従業員は、ほかの家電製品や、空調冷熱システム部門に異動させ、「選択と集中」を目指す。

2013年には海外販売から撤退していた三菱電機のテレビ。その後も国内で、他社製品には珍しい、一風変わった製品を世に送り出してきた。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「テレビメーカー 最後の宴」では以下の記事を配信しています。

ソニーのテレビが「金のなる木」に大変貌

パナ、テレビの「脇役」シフトが映す苦悩

宴は終わり、テレビ販売戦線に広がる変調

トップ10に日本勢3社だけ、テレビの勢力図

三菱電機がテレビ撤退、始まった「選別」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT