メルカリが「物流」で猛攻、新会社立ち上げの必然

業界のベテランを幹部に、配送代行にも本腰

メルロジのCEOに就任したメルカリの野辺一也執行役員(左)とCOO(最高執行責任者)についたアマゾンジャパン出身の進藤智之氏(右)(写真:メルカリ)

初の2000万人超え――。これは今年9月単月における、フリマアプリ「メルカリ」の月間利用者数だ。2021年6月期の国内の流通総額は7845億円で、前期比25%以上の伸びを見せた。

取引が増えれば、それだけ荷物の量も増える。昨年1年間の全国での宅配便取扱個数50億個のうち、メルカリの荷物は5~10%を占めたという。

「増える物量に対する発送環境に、社会的責任を感じている」。メルカリでマーケティングなどを統括する野辺一也執行役員はそう話す。そこで10月28日、同社は新たに物流事業を担う子会社を設立。その名も「メルロジ」だ。

メルロジのCEOには野辺氏が就任。そしてCOO(最高執行責任者)には、物流業界のベテラン人材を呼び寄せた。

>>記事の続きはこちら

デジタル特集「EC物流狂騒曲」では以下の記事を配信しています。記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

マンション「置き配問題」解決の鍵

ヤフー出店者驚くヤマトの格安

アマゾンに格安配送、ヤマト攻勢

アマゾン「物流のドン」退任の波紋

脱・大手?新興サービス相次ぐ宅配

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT