関西スーパー、「薄氷勝利」の先に待ち受ける難路

6時間の総会では株主から統合案への疑問噴出

大接戦の末、H2Oとの経営統合案が可決した関西スーパー。しかし多くの株主にとって疑念を残す結果となった(記者撮影)

ギリギリ「可決」を勝ち取った。

食品スーパー中堅の関西スーパーマーケットは10月29日、兵庫県伊丹市で臨時株主総会を開催した。その場で諮られたのは、同社の筆頭株主であり、阪急阪神百貨店の親会社であるエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)との経営統合案。特別決議として議決権の3分の2(66.66%超)以上の賛成が必要なのに対し、賛成率は66.68%と、薄氷での可決となった。

これを受け、関西スーパーは12月にH2Oの傘下に入った後、H2O傘下の食品スーパー2社(イズミヤ、阪急オアシス)を子会社化する。中間持ち株会社として上場を維持し、2022年2月には「関西フードマーケット」に生まれ変わる予定だ。

計画の実現性に疑問相次ぐ

この統合案をめぐり、「待った」をかけたのが関東を地盤とする格安スーパーのオーケーだった。

関西スーパーの第3位株主であり、以前から関西進出を見据えて提携を模索していたオーケーは、統合案が否決・撤回された場合に、TOB(株式公開買い付け)で関西スーパーを完全子会社化する方針を示していた。

オーケーの二宮社長は敗戦の弁を述べたが、関西進出は諦めていない(記者撮影)

オーケーの二宮涼太郎社長は総会後、「本当にギリギリだった。悔しい思いは当然あるが、そのまま受け入れたい」と話し、TOBの提案を取り下げた。

「東西対決」は西軍(H2O)の勝利で決着したが、6時間に及んだ株主総会は荒れに荒れた。

「1年後、2年後にまったく的外れな業績だったら、責任をとって辞めると確約できるか」「業績ボロボロのイズミヤやオアシスと統合するなんて、関西スーパーの経営陣は正気のさたではない」

総会で株主からは、統合案の中身を疑問視する質問が相次いだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「関西スーパー 混迷の争奪戦」では以下の記事を配信しています。

格安オーケーvsH2O、買収合戦の混沌

オーケー社長激白!争奪戦の全内幕

格安オーケーにH2O幹部が大反論

「薄氷勝利」の先に待ち受ける難路

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT