ソフトバンク「巨大ファンド」引き寄せた製薬企業

初となる日本企業の投資はバイオベンチャー

経営メンバーは国際色豊か(画像:アキュリスファーマのサイトより)

巨大ファンドの“上陸”に日本の起業家たちは期待を高めているはずだ。

ついに、「第1号案件」が決まった。ソフトバンクグループ傘下で14兆円もの巨額資金を運用する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」が、日本のベンチャー企業に初めて投資した(SVFの2号ファンドの全投資先一覧はこちら)。

投資先はバイオベンチャーのアキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)。2021年1月に設立されたばかりだが、事業の初期段階である「シリーズA」の資金調達でありながら、投資家6社からいきなり総額68億円を集めた。

今回の投資はSVFの2号ファンドが主導し、SVFの投資ディレクターがアキュリスファーマの社外取締役に就いている。

異例の資金調達

アキュリスファーマは、製薬大手ノバルティスファーマ日本法人の前社長、綱場一成氏が創業した。社外取締役には協和発酵キリンの元社長である花井陳雄氏の名もある。

同社は、フランスの製薬会社・バイオプロジェットファーマが開発し、欧米での製造販売が承認されている睡眠障害の治療薬「ピトリサント」の日本での臨床開発や販売に関する独占的な権利を保有している。新薬開発だけでなく、今後はAI(人工知能)などを活用したデジタルソリューションの開発も進める。

会社設立から1年未満で70億円近くの資金を集めるベンチャーは異例だ。今回参画した投資家の一つであるベンチャーキャピタル(VC)国内大手・ANRIの宮崎勇典氏はこう話す。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

東洋経済プラスのデジタル特集「いよいよ“日本上陸” ソフトバンク・ビジョン・ファンド」では以下の記事を配信しています。

孫社長が日本投資を託したビジョンファンド幹部を直撃

ソフトバンク「巨大ファンド」がほれた製薬企業の実力

孫正義社長が目をつけた「巨大ファンド」の全投資先90社

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT