異例「3つ目の乳がん検査」を強行するプロの嗅覚

漫画「ラジエーションハウス」(第16話)

乳がんの検査、マンモグラフィでも超音波検査でも「異常なし」の患者に、さらに造影剤を使ったMRI検査を進言する技師の視点とは……

われわれの病を見つけるのは、目の前の主治医だけではなかった!

『ラジエーションハウス(1)』(書影をクリックすると、集英社コミック公式 S-MANGAにジャンプします)

病の原因を探り、レントゲンやCTで病変を写し出す診療放射線技師。

さらには画像を読影し病気を診断する放射線科医。

現代医療を支える「画像診断」の世界──。

そこで働き、患者の病、怪我の根源を見つけ出す放射線のエキスパートたちの戦いを描く!

見えない病を見つけ出す、画像診断医療コミック‼ 『ラジエーションハウス』(集英社)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(21ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT