名門・椿山荘が「結婚式の安売り」を猛省した理由

藤田観光がビジネスホテル、箱根とともに改革

椿山荘は日本屈指の規模を誇る結婚式場。事業の立て直しを進めている最中だ(撮影:今井康一)

長引くコロナ禍で窮地に立たされたホテル業界。名門企業も例外ではない。

「ホテル椿山荘東京」などを運営する藤田観光は深刻な不振に陥った。「ワシントンホテル」「ホテルグレイスリー」などのビジネスホテル、宴会場と高級ホテルを擁する椿山荘、そして箱根でのリゾート事業を擁する事業ポートフォリオは総崩れ。2020年12月期は224億円の最終赤字を計上し、債務超過寸前に追い込まれた。

ただし、3月には苦渋の決断で老舗宴会場「太閤園」(大阪市)を売却し、332億円の売却益を計上。9月には日本政策投資銀行の飲食・宿泊支援ファンドから150億円を調達した。これで当面の資金繰りと資本増強策にメドをつけた格好だ。

椿山荘で安さを売りにしてしまった

一息つく暇もなく、現在は各事業の立て直しを急ぎ、成長投資にも舵を切る。正念場を切り抜けた藤田観光はどう変わるのか。

「売り手として、商品に自信を持って売れていなかった――」。企画本部の原田真憲副本部長は、椿山荘の結婚式事業についてこう打ち明ける。

>>続きはこちら

記事の続きは無料東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「観光業の暗中模索」では以下の記事を配信しています。

「椿山荘は売らない」社長が覚悟する茨道

名門ホテルが危機に直面「切迫財務」の内幕

近畿日本ツーリスト、危機で「1300人削減」

ABホテル、業界人も驚く「黒字死守」の神髄

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT