日本企業に必要な経営戦略と人事戦略の合致

三菱総合研究所の政策・経済研究センター長に聞く

日本企業は適切な人事戦略を運用できているのか。写真はイメージ(撮影:尾形文繁)
日本の潜在成長率は低迷を続けている。その原因の1つにTFP(全要素生産性)の寄与度が低く、イノベーションの力が落ちていることが指摘されている。
日本の社会的課題の分析・提言を行っている三菱総合研究所の政策・経済センター長、武田洋子氏に聞いた。


――日本の潜在成長率は1990年ごろをピークに低下し、2000年代には低迷を続けています。賃金も諸外国に比べて低く抑えられたままで、消費も低迷しています。今後、どのような改革が必要でしょうか。

突き詰めて考えると2つの問題があるだろう。1つは労働市場の問題、これが2つめの企業の新陳代謝が進まないことともつながっている。

コロナ危機の前に日本の労働市場の課題として2つのことが言われていた。1つは人口動態の面から労働者不足が加速するというもの、もう1つはAI(人工知能)等の技術が進展して雇用が奪われるというもの。

2つは矛盾する話なので、どちらの可能性が高いのか、実際に技術が労働需要にどの程度の影響を及ぼすのか、分析してみた。

――結果はどうでしたか?

労働供給が減るペースと需要が減るペースを比べてみたところ、2021年までは労働不足が拡大し、その後は需要減少によって徐々に解消していくがバランスが取れるのは2028年ごろという結論だった。

ところが、コロナ禍でデジタル化は前倒しで進展しており、現状では2020年代半ばごろにはバランスの状況に近づくという見通しに修正されている。

いずれにしても、人口減はむしろAIやデジタル技術の普及を促進する、あるいはAIやデジタル技術の活用を進めることは脅威というより、労働力の不足を補ってくれるという結果だ。

ただし、問題は中身で定型的な事務仕事は減る一方で、デジタルでビジネスを作るような専門人材、イノベーターは不足するだろう。

>>インタビューの続きはこちら

この記事は10月29日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ニッポン『再生』の条件」では以下の記事を配信しています。

対談/小川淳也・前衆院議員×五百旗頭薫・東大教授

日本企業に必要な経営戦略人事戦略の合致

北欧型の「積極的労働市場政策」が日本に必要だ

日本に「高度外国人材」が必要な理由

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT