論争を巻き起こした「最低賃金上昇」と雇用の関係

ノーベル経済学賞のD.カード氏の研究に迫る

2021年のノーベル経済学賞は3人の経済学者が受賞した(写真:AFP=時事)
今年のノーベル経済学賞受賞者は、カリフォルニア大学バークレー校のデビッド・カード教授、マサチューセッツ工科大学のヨシュア・アングリスト教授、スタンフォード大学のグイド・インベンス教授に決定した。
労働経済学の分野へのカード氏の貢献とはどのようなものなのか。労働経済学を専門とし、カード氏の孫弟子に当たる東京大学の近藤絢子教授に聞いた。

 

──今回、ノーベル経済学賞を受賞したデビッド・カード氏はどのような研究をしている人なのでしょうか。

労働や教育に関するあらゆるテーマの研究をしてきた労働経済学者です。

カード氏がすごいのは、さまざまな分野の研究に取り組み、しかもそれぞれの分野で一流学術誌に載っている非常に有名な論文があること。

今回の授賞理由は「労働経済学への実証的な貢献」で、彼の業績の中から最低賃金、移民、教育に関する研究がとくに大きく取り上げられました。これらの研究では、「自然実験」と呼ばれる状況を利用した実証分析が行われています。

メディアで報じられた最低賃金に関する研究は、簡単にいうと「最低賃金を上げても雇用は減らない」というもの。論争を巻き起こし、労働経済学の世界では、いろいろな意味で非常に有名な論文です。

――「自然実験」という言葉になじみがないのですが。

まずは「最低賃金と雇用」に関する研究を知れば、「自然実験」についても理解できると思います。

>>インタビューの続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済プラスの連載「経済学者が読み解く現代社会のリアル」で、近藤教授による解説記事を配信しています。

ノーベル経済学賞のD.カード氏の研究に迫る①
論争を巻き起こした「最低賃金」と雇用の関係

ノーベル経済学賞のD.カード氏の研究に迫る②
移民は地元住民の「雇用」を奪わないのか?

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT