ソフトバンク「巨大ファンド」ついに日本で投資へ

孫正義社長が投資を託したキーマンを直撃

ファンドを通じて世界中のベンチャー企業に投資しているソフトバンクグループ。孫正義社長の目線が変わってきた(撮影:尾形文繁)

ソフトバンクグループ(SBG)が抱える巨艦「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」はこれまで、世界中のベンチャー企業に投資を行ってきた。だが、日本のベンチャー企業に対する投資実績は1社もない。

2017年に発足した1号ファンドは約10兆円、2020年に開始した2号ファンドも投資枠が4兆円超まで拡大している。投資先の数は2021年8月時点で、1号ファンドが92社(全持分の売却済み11社を含む)、2号ファンドは161社(投資完了前の43社を含む)に上る。投資先はすべて海外ベンチャーだ。

「第1号案件」の決定は間近か

そうした中、「われわれが今投資をやる中で一番憂いてることは何かというと、ビジョン・ファンドはこれだけ投資しているが、日本での投資企業は1社もない」。2021年8月、SBGの後藤芳光CFO(最高財務責任者)は投資家向け決算説明会でそう語った。また、「日本のビジネスマンたちがわれわれの投資先になるような会社を作りあげてくれることを心から願っている」とも話した。

まつい・けんたろう/1973年生まれ。みずほ証券でソフトバンクによる複数の買収案件を担当。2016年にソフトバンクグループ入社、2018年からソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズでアジア投資担当のマネージングパートナーを務める(写真:ソフトバンクグループ

軌を一にしてビジョンファンドはビジネスSNS「リンクトイン」などで、日本での投資担当者の人材募集を開始。日本での投資先探しを本格化しており、「第1号案件」が決まるのも時間の問題とみられる。

今回、東洋経済ではビジョンファンドでアジア地域の投資責任者(マネージングパートナー)の1人である松井健太郎氏を直撃。

松井氏は、孫正義社長から「日本も見ろと言われた」と話し、日本向けの投資チームを立ち上げたことを明らかにした。なぜ今、14兆円の巨大ファンドは日本に目を向けたのか。その狙いを松井氏が詳細に語った。

>>松井健太郎氏のインタビューはこちら

インタビューは無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT