東電の農家賠償で「算定間違い」多発の根本原因

賠償額「114万円」のはずが「11万円」に減額

原発事故で被害を受けた福島県の梨農家(記者撮影)

福島第一原子力発電所の事故で被害を受けた果樹農家への東京電力ホールディングスによる賠償が、本来支払うべき金額を大幅に下回って決められていたことがこのほどわかった。東電によれば、10件の農家について算定間違いが判明し、本来払うべき金額より合計で約500万円少なく見積もられていたという。

本来、114万円の賠償が支払われるはずであるのに、わずか11万円しか提示されなかった農家や、賠償そのものが認められなかった農家もある。東電は「故意ではない」としているが、「きちんとした説明もなく不誠実だ」(梨農家)と怒りの声が上がっている。

なぜ算定間違いが続発したのか

算定の誤りは、被害を受けた農家が加入する福島県農民運動連合会(福島県農民連)による指摘で判明した。

東電の賠償の仕組みでは、取引量の少ない月に野菜や果樹の価格が高騰したり、逆に大幅に下落していた場合、原発事故前の過去3年間の平均単価を100%として、その100%という数値を当てはめて賠償額を一律に算定している。一方、相場変動が小さい通常の月については、実際の相場に基づいた数値である全国平均価格変動係数を適用して賠償額を決めている。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「終わりなき福島原発事故」では以下の記事を配信しています。

東電の農家賠償で「算定間違い」多発の根本原因

与党有力議員がALPS処理水放出に反対する理由

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT