「富士山マガジン」社長が説く雑誌生き残りの秘策

「コストを身軽にすれば生き残れることもある」

今後の出版社のあるべき姿について、富士山マガジンサービスの西野伸一郎社長は「コストを身軽にすれば雑誌は生き残れることがある」と語る(撮影:尾形文繁)
出版社の雑誌ビジネスが大きな変革を迫られている。
出版科学研究所によると、2021年上半期(1~6月)の雑誌販売額は、前年同期比3%増の2759億円となった。
ただし、これは「鬼滅の刃」「呪術廻戦」(いずれも集英社)をはじめとした大ヒットコミックが統計分類上、「雑誌扱い」で計上されていることの底上げが大きい。定期刊行される週刊誌や月刊誌は下降線をたどりつづけている。2020年の1年間に休刊された雑誌は100近くを数える。
これからの雑誌ビジネスに必要な視点は何か。雑誌のオンライン書店を運営し、出版社のコンサルティングビジネスも手がける富士山マガジンサービスの西野伸一郎社長に、今後の出版社のあるべき姿や戦略を聞いた。

長期的に紙の雑誌は減っていく

――主力事業である個人や法人向けの雑誌定期購読サービスは、コロナ禍でどのように変わりましたか。

全体としてはプラスだ。

われわれの定期購読ビジネスの顧客は個人が7~8割、法人が2~3割となっている。巣ごもり需要で個人客が増加し、とくに緊急事態宣言で書店がクローズしているときに伸びた。その一方、美容室、(病院などの)待合室はクローズしていたので休止や解約があり、(前期比で)マイナスだった。

ジャンル別にみると、学習系のNHK語学講座は伸びたが、ファッション誌は減少した。休刊してしまう雑誌も含めると、長期的にみれば(紙の雑誌は)減っていく傾向にある。われわれは1万種類もの雑誌を扱っている。ロングテールと言われることもあるが、今は売り上げ上位10%の雑誌が90%の売り上げをつくっている。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「激動の出版」では以下の記事を配信しています。

富士山マガジン社長が説く「雑誌生き残り」の秘策

TSUTAYAが打ち出した「書店不況」打開の秘密兵器

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT