マンション組合でドロドロ「世代間抗争」尽きぬ訳

意見の違いで法廷闘争に発展するケースも

豪華なタワーマンションで、内部の人間関係がドロドロしているケースも(写真はイメージ、撮影:今井康一)

「理事会の世代間抗争には疲れ果てた」――。

東京・江東区のタワーマンションで理事を務める田中篤美さん(仮名、40代)は、ため息交じりにこうつぶやいた。田中さんのマンションでは、約20人の理事の間で“いがみあい”が絶えない。

「理事会でよくもめるのは、修繕箇所の優先順位。子育て世代の理事と高齢理事のグループの間でなかなか折り合いがつかない」(田中さん)

例えば、駐車場からタワー棟までのひさしの設置。3年ほど前、「雨の日に小さな子どもや買い物の荷物を抱えながら傘を差すのは大変なので、10メートル程度のひさしをつくってほしい」との要望が、相当数の子育て世代の住民から理事会に寄せられていた。

理事会で話し合い、若手理事らが区役所に何度も足を運び、ひさし部分は建築面積に含まれず建ぺい率が変わらないことを確認するなど、細かな準備も着々と進めていた。

だが、工事の見積もりを取る段階になって、年配の理事らが反対し始めた。

>>記事の続きはこちら

この記事は11月5日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「マンション管理 異常事態」では以下の記事を配信しています。

頼れる管理会社ランキング上位100社

「騒音、喫煙」マンションの深刻問題

マンションから「管理会社」が逃げる深刻度

マンション管理を「採点」する新制度の盲点

管理組合で「世代間抗争」が尽きぬ訳

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT