「騒音、喫煙」急増するマンションの深刻問題

コロナ禍でトラブル続出、解決策はあるのか

共同住宅であるマンションなどでは掃除機の音などで、隣人とトラブルに発展するケースもある(写真はイメージ、写真:South_agency/iStock)

「隣の家から聞こえてくる掃除機の音が、やたらとうるさい」「ドライヤーの音が気になる」

共同住宅であるマンションでは、コロナ禍で住民の自宅での滞在時間が増えたことで、冒頭のように周囲のちょっとした音などが気になり、それが大きなトラブルに発展するケースが続出している。

日本マンション管理士会連合会が設置するマンション紛争解決センターの小林正孝センター長は、「これまで顕在化していなかった日常生活の騒音やベランダでの喫煙といったマナーの問題に、住人が気づく機会が増えている。トラブルは多くなっている印象だ」と話す。

このような問題に対して、住民はどう対応すればよいのか。いくつかの事例を見ていこう。

騒音問題で深刻なケースも

マンショントラブルの古典的なものが騒音問題だ。

「太鼓をたたくゲームソフトが子どもに人気があるが、ゲーム機を床に置いてポコポコとたたくため、隣や上下の住民から『その音が気になる』と理事会にクレームが寄せられるケースは多い」。東京・足立区の大規模マンションで管理組合の副理事長を務める菊池伸也さん(仮名)はそう話す。

>>記事の続きはこちら

この記事は11月5日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「マンション管理 異常事態」では以下の記事を配信しています。

頼れる管理会社ランキング上位100社

管理組合で「世代間抗争」尽きぬ訳

マンションから「管理会社」が逃げる深刻度

マンション管理を「採点」する新制度の盲点

「騒音、喫煙」マンションの深刻問題

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT