マンション管理を「採点」する新たな制度の盲点

国や業界が笛吹けど踊らず? 3つの制度が乱立

見えにくい管理の状態を客観的に評価できるか(記者撮影)

マンションの管理状態を「点数化」する――。

 野心的に見える取り組みが、2022年4月から始まる。音頭を取るのはマンション管理会社の業界団体である、マンション管理業協会(管理協)だ。

新しく始まる「マンション管理適正評価制度」は、申請のあったマンションの管理状態を100点満点で採点する。

管理組合の運営体制や収支、建物・設備など5つのカテゴリーに分類し、各項目の達成度合いに応じて点数化。合計点が90点以上ならSランク、70~89点ならAランク、といった具合にSからDの5段階で評価する。結果は一般に公開される予定だ。

「適切な管理が行われているマンションが、中古市場で評価されるようにしたい」。管理協の担当者は意気込む。制度を解説したパンフレットには「マンションの価値は新たなステージへ」との文言が踊る。

>>記事の続きはこちら

この記事は11月5日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「マンション管理 異常事態」では以下の記事を配信しています。

「騒音、喫煙」マンションの深刻問題

管理組合で「世代間抗争」尽きぬ訳

頼れる管理会社ランキングTOP100

マンション管理を「採点」する新制度の盲点

マンションから「管理会社」が逃げる深刻度

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT