マンションから「管理会社」が逃げ出す深刻度

採算重視を鮮明に、「管理難民」発生も遠くない

管理組合と管理会社との関係に再考を迫られている(写真はイメージ、記者撮影)

「大手の管理会社には皆断られました」

東京都中央区のマンション(築約15年、総戸数約60戸)から管理会社変更(リプレース)の相談を受けた、マンション管理士の柴田龍也氏はそう打ち明ける。

新築当初、デベロッパー系列の管理会社社員の仕事ぶりは好評だった。が、数年前に担当者が交代して以来、不祥事が多発。総会の議事録に齟齬がある、契約書類を紛失する……。

我慢ならなくなった理事会は、今年に入ってリプレースを決断。柴田氏に相談を持ちかけた。

柴田氏は管理会社数社に声をかけた。ところが、「中堅や地場の管理会社は見積もりに応じてくれたが、大手からは『小規模マンションは受託していない』と言われた。問い合わせに対して返事さえ寄越さない会社もあった」。

「今は管理会社がマンションを選別する時代だ。うちのような地場企業には、管理を打ち切られたり、委託先が見つからないマンションからの依頼が舞い込む」。東京都内の中堅管理会社社長は話す。

>>記事の続きはこちら

この記事は11月5日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「マンション管理 異常事態」では以下の記事を配信しています。

頼れる管理会社ランキング上位100社

「騒音、喫煙」マンションの深刻問題

管理組合で「世代間抗争」尽きぬ訳

マンション管理を「採点」する新制度の盲点

マンションから管理会社が逃げる深刻度

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT