日本製鉄が「巨人トヨタ」に1ミリも譲らない事情

電磁鋼板の特許侵害で訴訟に踏み切った

これまで圧倒的にトヨタが優位だったが、両社の力関係が変わりつつある(写真上:記者撮影、写真下:尾形文繁)

鉄鋼業界の巨人が、自動車業界の巨人を訴えた。

日本製鉄は10月14日、トヨタ自動車と中国の大手鉄鋼メーカー、宝山鋼鉄を特許侵害で訴えたことを発表した。両社にそれぞれ200億円の損害賠償を請求。トヨタには対象となる電磁鋼板を使用した自動車の製造・販売の差し止めの仮処分を申し立てた。

「ずいぶんと思いきった」

日本企業が顧客を訴えることは珍しい。まして相手は日鉄にとって最重要顧客のトヨタである。

今回の事実が明らかになると、自動車メーカーや鉄鋼メーカーの関係者からは「素材メーカーが取引先まで訴えるのは通常ありえない」「日鉄さんも、ずいぶんと思いきった」と驚きの声が複数聞かれた。

前代未聞の行動に日鉄を駆り立てたのはいくつかの理由がある。

まず、特許侵害の対象が高効率モーターに使われる電磁鋼板だったこと。電磁鋼板はモーターやトランス(変圧器)などの電気機器の鉄心として不可欠な材料だ。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
デジタル特集「鉄鋼 急回復の深層」では以下の記事も配信しています。

日本製鉄がトヨタに1ミリも譲らない事情

鉄鋼業界に神風、強気の日鉄と警戒のJFE

データ/鉄鋼生産 中国勢の圧倒的な存在感

日本製鉄、笑顔なき「最高益」の先に茨の道

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT