東京機械を大胆な買収防衛策へ駆り立てた「恐怖」

都並清史社長「必ずしも強烈な策とはいえない」

「一騎打ちをしては負ける、淡々と戦おう」と社員に語ったという都並社長(撮影:尾形文繁)
国内最古の新聞輪転機メーカー・東京機械製作所が、同社の買収防衛策をめぐり投資会社のアジア開発キャピタル(ADC)とバトルを繰り広げている。今年4月に東京機械の社長に就任した都並清史社長(62)を直撃した。

「企業価値の毀損が起きる」と直感

――いつから東京機械株売買の「変調」に気づいていましたか。

東京機械の株は2021年1月5日の安値で256円をつけた。それが年初来最安値。1月に200円台だった株価は2月に300円台になり、3月には400円台になり、私と青木宏始会長が代表取締役に就任した4月には500円台になった。

総務とは「この出来高の増加や株価の上昇は何だ? 信用取引も多いが、変なことは起きていないか?」と話していた。このことは社内でずっと共有してきた。買い手は機関投資家なのか、一般株主なのか。幹事証券は「信用取引ということは、日本証券金融へのお金の動きを見ても、デイトレードを含めたマネーゲームでしょう」と。

――7月20日にADCが大量保有報告書を提出し、突如として東京機械の筆頭株主に躍り出ました。

その日は出張で大阪へ向かっていた。アジアインベストメントファンド(AIF)という初めて見る社名の株主が(ADCと共同で)8.08%保有していると、伊丹空港から梅田に向かうバスの中で知った。

「会社の企業価値を根本的に毀損することが起きる、ないしは起きつつあるのではないか」と直感した。梅田に着いて、バスを降りてすぐ総務を介し幹事証券会社に連絡をしたところ、「保有目的が『純投資』だから、株を高値で売ってキャピタルゲインを得ることが狙いでは」という返答だった。

――翌7月21日に、その保有目的が「支配権の取得」に変わります。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ファイナンス最前線」では、本件の詳しい経緯に関する記事や、東京機械製作所の社長インタビューも配信しています。

本件の詳しい経緯を解説
「仰天買収防衛策」めぐりバトル過熱

アジア開発キャピタル社長
「こんなアンフェアがなぜまかり通る」

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT