東京機械が「異例の買収防衛策」にひた走った根拠

臨時総会での議決権無効化めぐりバトル過熱

東京機械の「ポイズンピル」導入にアジア開発キャピタルが反発している(撮影:尾形文繁)

東証1部上場で国内最古の新聞輪転機メーカー・東京機械製作所が、同社の経営をめぐり東証2部上場のアジア開発キャピタル(ADC)と壮絶なバトルを繰り広げている。

ADCが割安な日本株の1つとして2021年3月に買い始めた、東京機械製作所の株式。保有比率が急増することに、東京機械の経営陣は懸念を深めていく。同7月には、株式の保有目的を「支配権の取得」に改める変更報告書がADC側から出され、東京機械側の危機感はさらに強まっていった(ここまでの詳細は前編:東京機械vsアジア開発「仰天買収防衛策」への発端)。

同年8月に入ると、東京機械が動き出す。ADCのアンセム・ウォン社長(36)宛に、東京機械の都並清史社長(62)が書簡を送ったのだ。書簡は8月3日付、ADCに届いたのは同4日正午だという。

「貴社らは、当社宛に特段のご連絡なく、当社株式を買い進めており、当社といたしましては、大変困惑しております。(中略)支配権を取得した後の貴社らによる当社の経営方針等については、何ら存じ上げておりません。(中略)一方的に、当社株式の買い増しを行うことに対しては、ご遠慮いただきたい」(書簡より一部抜粋)

今回(後編)は、M&A業界関係者をざわつかせている東京機械の買収防衛策「ポイズンピル」について、具体的な中身や是非を考察していく。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ファイナンス最前線」では、東京機械製作所、アジア開発キャピタルの両社長インタビューも配信しています。

アジア開発キャピタル社長
「こんなアンフェアがなぜまかり通るのか

東京機械製作所社長
「強烈な策とは言えない、最高裁まで戦う」

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT