関西スーパー争奪戦、オーケーにH2O幹部が大反論

キーマンが明かす「統合案可決への手応え」

大株主同士による異例の争奪戦へと発展している関西スーパー。軍配はどちらに上がるのか(左および中央写真:記者撮影、右写真:今井康一)
関西スーパーマーケットを巡る買収合戦が佳境を迎えている。
同社は8月、阪急阪神百貨店などを傘下に持つエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)の食品スーパー2社を子会社化し、同時にH2O傘下に入ることで合意したと発表。その後、関東圏で格安スーパーを展開するオーケーが、関西スーパーへのTOB(株式公開買い付け)による買収を提案していたことを明らかにした。
H2Oとの経営統合議案を諮る10月29日の関西スーパーの臨時株主総会に向けて、両陣営による株主への働きかけは激しさを増している。H2Oの食品事業トップであり、統合案が可決された場合に中間持ち株会社「関西フードマーケット」の社長に就任する予定の、H2Oの林克弘・代表取締役副社長に勝算を聞いた。

オーケー登場で統合構想が早まった

――買収提案に関し、オーケー側が積極的にメディアを通じて意図を発信してきた一方、経営統合を発表したH2Oと関西スーパーはこれまで個別取材に応じてきませんでした。このタイミングで取材に応じた理由は何ですか。

関西スーパーが株主総会の招集通知(10月14日付)を出すタイミングで、(関西スーパーの株主やメディアに)ご説明したいともともと計画していた。

――議決権を行使できる株主を確定する、総会の基準日(9月15日)より前に説明する手もあったはずです。

それはちょっと、まだ基準日の段階ではいろんなことが整っている、整っていないという状態でもあり、踏み込めなかった。もう少し説明をしてきたほうが、一部でいろいろな誤解を招かなかった面はあるかもしれない。

――誤解とはどういう点ですか。

オーケーさんは(H2O子会社の食品スーパーで、経営統合案で関西スーパーが子会社化する予定の)イズミヤと阪急オアシスが赤字の会社で、まったくもってだめな会社だと認識されているようだが、それは事実誤認だ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「関西スーパー 混迷の争奪戦」では以下の記事を配信しています。

格安オーケーvsH2O、買収合戦の混沌

オーケー社長激白!争奪戦の全内幕

格安オーケーにH2O幹部が大反論

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT