東京機械vsアジア開発「仰天買収防衛策」への発端

突如筆頭株主に、投資目的は「支配権の取得」

アジア開発キャピタルグループが8%強保有していることを示す大量保有報告書。突如現れた謎の筆頭株主に東京機械は動揺した(編集部撮影)

東証1部上場で国内最古の新聞輪転機メーカー・東京機械製作所が、同社の経営をめぐり東証2部上場のアジア開発キャピタル(ADC)と壮絶なバトルを繰り広げている。ADCグループは2021年3月30日、東京機械株の購入を開始。7月には保有比率が5%を超え筆頭株主に浮上、現在は4割近くを握っている。

本件が全国的に注目を集めたのは、読売新聞社や時事通信社など全国の新聞・通信40社が共同で懸念を示したからだ。「(東京機械の)日常の業務運営に乱れが生じるようなことがあれば、新聞各社の日々の印刷・生産体制にも支障が生じ、それは読者へのニュースの伝達に影響が及びます」との声明を、9月10日に出している。

ただし、M&A関係者が注目している観点は別にある。それは、ADCへの対抗措置として東京機械が放った、かつてないほど強烈な買収防衛策の是非だ。

東京機械が今回導入したのは「ポイズンピル」といわれる買収防衛策。新株予約権を発行し、ADCらを含めたすべての株主に無償で付与する。ただしADCらは「非適格者」と東京機械にみなされ、予約権を新株と交換する権利を行使できない。ADCら以外の株主に同権利を行使してもらえば、ADCらの保有割合は低下する、という仕組みだ。

10月22日に開催される臨時株主総会において、この策の発動準備が承認されようとしている。加えて、ADCは現在東京機械の約4割の株式を持つにもかかわらず、「議案の当事者だから」という理由で、この臨時総会での議決権の行使を認められていない。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ファイナンス最前線」では、東京機械製作所、アジア開発キャピタルの両社長インタビューも配信しています。

アジア開発キャピタル社長
「こんなアンフェアがなぜまかり通るのか

東京機械製作所社長
「強烈な策とは言えない、最高裁まで戦う」

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT