アマゾンに格安配送、ヤマトの勢いが止まらない

同業他社からは「いずれ限界が来る」との声も

ヤマトは自社ドライバーだけでなく、下請けの運送会社への配送委託も増やすことで荷物増に対応している(撮影:今井康一)

EC物流の拡大で勢いづくヤマト運輸が、新たな一手を繰り出した。

10月5日、国内EC(ネット通販)最大手のアマゾンジャパンは、ヤマトと共同で自社ECモールの出店者向けの配送サービスを開始すると発表した。年内をメドにサービスを始める予定で、アマゾンジャパンの永妻玲子セラーサービス事業本部長は「出店者の配送コスト削減につながるような価格設定にした」と安さをアピールしている。

主なターゲットは、商品を自社出荷する中小規模の出店者だ。アマゾンのECモールに出店する事業者はおよそ16万社。アマゾンは直販ビジネスでは自前物流の拡大を進めているが、出店者の多くは宅配大手3社に配送を委託している。ヤマトとしては顧客拡大の余地があるとみたわけだ。

5割以上も安くなるケースも

新たな配送サービスは、前月の出荷量に応じて割引額が増える。例えば、前月に500個以上の荷物を出荷した場合、60サイズの荷物を436円、小型荷物の「ネコポス」を174円で配送できる(いずれも同一エリア内の配送料)。

ネコポスの法人向け定価は385円なので、実に5割以上も配送料が安くなる計算だ。アマゾンのECモールに出店している小売り関係者は「今は佐川急便に配送を委託しているが、ヤマトへの切り替えも検討対象となりそうだ」と話す。

実は、アマゾンの出店者に対する割引はこれだけではない。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

デジタル特集「EC物流狂騒曲」では以下の記事を配信しています。記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

ヤフー出店者が驚いたヤマトの格安配送

アマゾンに格安配送、ヤマトの攻勢が止まらない

アマゾン「物流のドン」退任が招く波紋

脱・大手へ?新興サービス相次ぐ宅配大混戦

物流の「革命児」SBSに身売りの相談が引きも切らない事情

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT