高収益のクラレは「一本足打法」から脱却できるか

巨額買収から3年、飛躍の道筋はまだ見えず

クラレが事業拡大に大きな期待を寄せる活性炭。環境意識の高まりで需要が増えているという(写真:クラレ)

「1本足打法」から抜け出せるか――。高収益企業のクラレが正念場に立っている。

素材、化学メーカー中でも、クラレは液晶画面向けの光学用フイルムで世界シェア8割を握る強みを生かし、高い利益率を誇ってきた。2021年12月期は営業利益率10.8%と改善を見込むが、近年、利益率は下降気味だ。

背景にあるのが光学用フイルムの採算低下とみられ、新たな柱の育成が急務となっている。そうした中、事業拡大の1つに据えるのが、電子部品や自動車向けに使われる耐熱性樹脂や、日用品向けの熱可塑性合成ゴムなど高付加価値の製品を柱とするイソプレン事業だ。約400億円を投じてタイに新工場を建設しており、2022年半ばに完工予定だ。

見えない「飛躍」の兆し

もう1つ、イソプレン以上に大きな期待を寄せるのが活性炭事業だ。活性炭は、ヤシ殻、石炭、木炭などを原料にした素材の表面に加工で穴をあけ、そこに汚染物質や化学物質を吸着させて水や空気を浄化する製品だ。

クラレではアジアを中心に事業を展開してきたが、2018年3月に活性炭事業で世界最大手、アメリカのカルゴン・カーボン社を1200億円超で買収し、事業の強化を図った。これはクラレとして過去最大の買収で、事業エリアの拡大や相乗効果を見込んでいる。

ただ、買収から3年経過したが飛躍の兆しは見えない。活性炭事業を担当する髙井信彦・取締役常務執行役員は「今後の成長への自信はそうとうある」と断言するが、光学用フィルムがピークアウトする前に柱に育つのかは未知数だ。

クラレ全体の業績を見ると、光学用フィルムを主軸とするビニルアセテートへの依存度の高さが際立つ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT