大林組、日建連「三役」を初めて引き受けた背景

蓮輪賢治社長が日建連の建築本部長に就任

大林組の蓮輪賢治社長が2021年4月、同社として初めて日建連の要職に就いた(撮影:梅谷秀司)

「大林組の狙いは何か」

ゼネコン業界関係者の間で、ある人事をめぐるざわめきがおさまらない。

話題の主は、大林組社長で、この4月に建設分野を代表する業界団体である「日本建設業連合会」(日建連)の建築本部長に同社社長として初めて就いた蓮輪賢治氏だ。

直近9月の定例記者会見で蓮輪氏は、ワクチンパスポートが導入された場合の建設業界への影響について問われ、「ワクチンパスポートなどがあれば、帰国者が入国した際の2週間の待機期間を短くしてもらうような施策を、政府には実現してもらいたい」と、そつなく答えた。

「蓮輪本部長」の評判は上々だ。「スムーズに組織運営をしていただいている」(日建連の幹部)。だが、業界関係者の間では「大林組は営業につなげる狙いか」(準大手ゼネコンの中堅社員)、「業界再編を見据えているのか」(別の大手ゼネコン幹部)など、さまざまな憶測が飛びかう。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「JT背水の選択」では以下の記事を配信しています。

大林組、利益率急低下を招いた「ある特別な事情」

「大成建設ショック」襲来、ゼネコン決算に異変あり

大成建設の副会長、大和ハウスへ電撃移籍した舞台裏

下請け建設業者が悲鳴をあげている

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT