惣菜や肉も売る!北陸ドラッグ「ゲンキー」の正体

藤永社長「食品加工やIT、物流はすべて自前だ」

「ゲンキー」では、EDLP(毎日安売り)を行っている(写真:同社提供)
精肉や惣菜を自社で取りそろえ、業界で「異端児」と呼ばれるドラッグストアが北陸にある。福井県に本社を構え、北陸や愛知などを中心に出店する「Genky DrugStores(以下、ゲンキー)」だ。売上高に占める食品の割合は6割超と、業界内で最も高い。
ゲンキーの2021年6月期の売上高は前年比15.2%増の1423億円、営業利益は同45%増の62億円だった。売上高はドラッグストア業界で上場する13社のうち11番手にとどまるが、売上高成長率はトップクラスだ。同社の戦略や、同じく食品の品揃えを強みとする競合他社、さらにはスーパーマーケットとの競争環境をどうみているのか。藤永賢一社長に話を聞いた。【2021年10月14日10時20分追記】初出時の出店地域の表記を一部修正いたします。

――競合他社を凌ぐ勢いで、成長を続けています。

2019年8月から、日替わりの特売をせず、毎日低価格で商品を販売するEDLP(Everyday Low Price)を開始した。ただし(販促費を減らすために)チラシもやめたため、商品を毎日安く買えることが、客に伝わっていなかった。2020年1月くらいまでEDLPが浸透せず、困っていた。

ところが2020年2月あたりから新型コロナウイルスが流行して、巣ごもり需要が発生した。すると店舗に客が来て、「あらゲンキーさん最近チラシ入ってないと思ったけど、安いじゃん」と気づいてもらえた。客に安い商品を提供することで、(買い上げ点数なども増え)、既存店の数字が他社と比較しても伸びている。

スーパーやコンビニから客が流れる

――EDLPを始めたことで、他にはどのような変化がありましたか。

EDLPを始める前後を比較すると、食品構成比が5ポイントあがっている。食品の構成比が上がっているのは、同様の商品を販売しているスーパーから客を奪えている、ということだと思う。スーパー以外だと、コンビニエンスストアからも客が流れてきている。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「侵食するドラッグストア」では以下の記事を配信しています。

地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力

「ドラッグストア」快進撃のカラクリ

「マツキヨ・ココカラ」合併に見る再編の行方

業界2位のツルハ「イオン離れ」が進む背景

惣菜や肉も売る!北陸ドラッグ「ゲンキー」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT