スバル、2022年投入EV「ソルテラ」が持つ重大使命

エンジンがなくなっても独自性を維持できるか

スバルが2022年半ばまでに発売を予定する電気自動車「ソルテラ」。トヨタと共同開発するSUVタイプの車で、その全貌はまだ公開されていない(写真:SUBARU)

「ソルテラの販売は苦戦するかもしれない」――。9月中旬、首都圏のあるスバル販売店を訪れた際、店長はこんな不安を口にした。

現在、スバルのラインナップに「ソルテラ」という車種は存在しない。この車は2022年半ばにスバルが発売を予定している同社初の量産EV(電気自動車)のこと。トヨタ自動車と共同で開発するSUV(スポーツ用多目的車)タイプのEVだ。

各メーカーがEVシフトを鮮明に

100年に1度といわれる大変革期を迎えている自動車業界。中でも、世界的なカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出量実質ゼロ)の動きを受け、各国の自動車メーカーがEVシフトを鮮明にしている。

国内では2021年4月、ホンダが2040年までに世界の新車販売でEV・FCV(燃料電池車)を100%にすると発表。アメリカではゼネラル・モーターズが2035年までにすべての新車をEVなど、走行中にCO2を排出しないZEV(ゼロエミッション車)にすると宣言したほか、ドイツのフォルクスワーゲンやダイムラーもEV強化を打ち出している。

スバルは2020年1月に報道関係者を対象に開いた技術説明会の中で、「CO2削減のための技術ロードマップ」を公表した。その中で、2020年代前半にEVを投入することを明らかにしており、今回のソルテラはまさにその計画に沿って出てくる新型車だ。

「EVでもスバルらしさを出すことはできる」。スバルの技術開発部門のトップに立つ藤貫哲郎CTO(最高技術責任者)はそう強調する。

だが、そんな声とは裏腹に販売現場から出てくるのは、不安の声だ。冒頭の店長は「かつてトヨタからOEM供給を受けたコンパクトカー『トレジア』は全然売れなかった。ソルテラも独自性を打ち出せず、スバルユーザーに受け入れられない可能性がある」と語る。

スバルの独自性、すなわち“スバルらしさ”とはいったい何なのか。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「スバルの正念場」では以下の記事を配信しています。

スバリスト、トヨタ購入者との決定的な違い

スバルの技術トップが語る「スバルらしさ」

スバルのEVが背負う重大使命

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT