24歳で90億円調達、タイミー社長の「挫折と再生」

海外投資家も熱視線、隙間バイトアプリの猛攻

単発バイトマッチングアプリ「タイミー」は200万人超が利用。コロナ禍でも過去最高の売上高を更新する見通しで、9月には53億円の資金調達を発表した。タイミーの小川嶺代表は「目標は売上高1000億円」と豊富を語る(撮影:今井康一)

面接なし、かつ1日単位で働けて、その日のうちにアルバイト代を受け取れる――。

単発バイトマッチングアプリ「タイミー」は、仕事を探す200万人超が利用し、働き手を探す4万4000店舗が導入するサービスだ。2018年8月にアプリをリリースし、現在は47都道府県すべてが対象エリアとなっている。

代表の小川嶺氏は現在、立教大学4年生の24歳。2017年8月にタイミーを設立して以来、アプリ開発からサービス立ち上げ、全国展開へと駆け抜けてきた。

人手不足の深刻化で急成長

タイミーは9月15日、総額53億円の資金調達を発表した。香港の機関投資家3社が、日本で初となる未上場ベンチャー投資の先としてタイミーを選んだ。タイミーは同時に、伊藤忠商事との業務資本提携も発表した。

今回は国内外の投資家から想定以上の反響があり、オファーの総額は調達予定額を大幅に上回る120億円に上った。数十社との面会を通して、タイミーの成長戦略を理解してくれる投資家に絞って依頼したという。

タイミーが投資家から評価されるのは、人手不足が深刻化する日本で急成長しているからだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
「東洋経済プラス」ではこれ以外にも、「すごいベンチャー」2021年最新版リストや、過去選出後に急成長した企業のリポート、注目投資家のインタビューをご覧いただけます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT