トップ10に日本勢は3社だけ、テレビ王者の勢力図

サムスンとLGの2強で世界シェア約5割を握る

世界のテレビ市場で日本メーカーの存在感が薄れる中、ソニーは奮闘するものの、1位と2位は韓国勢が独占している(編集部撮影)

コロナ禍での巣ごもりに五輪開催と追い風が吹き、久々に活況を呈したテレビ市場。国内のテレビ出荷台数は2020年4月から2021年6月まで、15カ月連続で前年同月を上回った(電子情報技術産業協会調べ)。

世界中のメーカーのブランドが並ぶ都内の家電量販店などで存在感を放つのは、「ブラビア」を展開するソニー。イギリスの調査会社・オムディアのデータによると、2020年の国内のテレビ販売における売上金額ベースでのシェアは26.8%と、2位のパナソニックや3位のシャープを押さえて首位に立つ。

ところが世界市場に目を向けると、その顔ぶれは一変する。

2020年の世界のテレビ市場のシェアトップは、韓国のサムスン電子。次いでLGエレクトロニクス、ソニーは3位と、世界シェアの約5割をサムスンとLGで独占する。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「テレビメーカー 最後の宴」では以下の記事を配信しています。

ソニーのテレビが「金のなる木」に大変貌

パナ、テレビの「脇役」シフトが映す苦悩

宴は終わり、テレビ販売戦線に広がる変調

トップ10に日本勢3社だけ、テレビの勢力図

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT