トップ10に日本勢は3社だけ、テレビ王者の勢力図

サムスンとLGの2強で世界シェア約5割を握る

世界のテレビ市場で日本メーカーの存在感が薄れる中、ソニーは奮闘するものの、1位と2位は韓国勢が独占している(編集部撮影)

コロナ禍での巣ごもりに五輪開催と追い風が吹き、久々に活況を呈したテレビ市場。国内のテレビ出荷台数は2020年4月から2021年6月まで、15カ月連続で前年同月を上回った(電子情報技術産業協会調べ)。

世界中のメーカーのブランドが並ぶ都内の家電量販店などで存在感を放つのは、「ブラビア」を展開するソニー。イギリスの調査会社・オムディアのデータによると、2020年の国内のテレビ販売における売上金額ベースでのシェアは26.8%と、2位のパナソニックや3位のシャープを押さえて首位に立つ。

ところが世界市場に目を向けると、その顔ぶれは一変する。

2020年の世界のテレビ市場のシェアトップは、韓国のサムスン電子。次いでLGエレクトロニクス、ソニーは3位と、世界シェアの約5割をサムスンとLGで独占する。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「テレビメーカー 最後の宴」では以下の記事を配信しています。

ソニーのテレビが「金のなる木」に大変貌

パナ、テレビの「脇役」シフトが映す苦悩

宴は終わり、テレビ販売戦線に広がる変調

トップ10に日本勢3社だけ、テレビの勢力図

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT