パナソニック、テレビの「脇役」シフトが映す苦悩

シェア後退に苦しみ、生産体制合理化にもメス

都内の大手量販店のテレビ売り場。パナソニックの「ビエラ」は馴染みあるブランドだが、収益力の低迷に長年苦しんでいる。写真は2020年(記者撮影)

6月の社長交代を経て、新体制への動きを一段と加速させるパナソニック。2022年4月の持ち株会社制への移行に向け、10月1日付で社内組織を大きく8つの事業部門に再編した。

白物家電や空調、電気設備にかかわる事業を集約した「くらし事業本部」が、持ち株会社化後は「パナソニック」の名称を引き継ぎ、約4兆円の売り上げ規模を持つ最大の事業会社となる。だが、この事業本部にはある家電が含まれていない。テレビだ。

中韓勢との競争厳しくシェア低迷

「ビエラ」ブランドで知られるテレビやブルーレイレコーダーなどのAV機器はこれまで、パナソニックの主柱である家電事業部門内にあったスマートライフネットワーク事業が手がけてきた。同事業は今回の再編で「パナソニックエンターテインメント&コミュニケーション」に名称を変え、2022年4月から単独の事業会社となる。

家電事業の大半が最大の事業体となるくらし事業本部に移行する中、スマートライフネットワーク事業は切り出された格好だ。

10月1日に行われた会見で楠見雄規社長は「どの事業にも改善の余地はある」として、事業間での優劣をつけないよう、過去に同社が行っていた「基幹事業」などの設定は廃したと説明した。

だが、パナソニックは今年に入って以降、テレビの生産体制縮小を本格化。テレビがパナソニック内で従来の位置づけから一歩後退しているのは確かだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「テレビメーカー 最後の宴」では以下の記事を配信しています。

ソニーのテレビが「金のなる木」に大変貌

パナ、テレビの「脇役」シフトが映す苦悩

宴は終わり、テレビ販売戦線に広がる変調

トップ10に日本勢3社だけ、テレビ勢力図

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT