ミネベアミツミ「異次元価格」で大型ビル取得の訳

一般企業が不動産会社に競り勝つケースも

東京・汐留の日本通運本社ビルの買い手として名乗りを上げたミネベアミツミ。写真は東京・三田にあるミネベアミツミ東京本部(記者撮影)

高層ビルが林立する東京・汐留。9月3日に電通本社ビル売却が発表されたが、汐留地区の不動産をめぐる話題はまだ尽きていない。舞台は電通本社ビルからほど近い日本通運本社ビルだ。

日通は10月より、千代田区に建設した新築ビルに本社や支店を集約する。汐留の本社ビルは売却されるため、7月に入札にかけられた。2003年竣工とやや築年数は経過しているが、都心部かつ地上28階建ての大型ビルとあって、多くの不動産会社やファンドが食指を動かした。

ところが、9月に入って買い手企業の名前が伝わると、不動産関係者は一様に驚いた。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「変調! 不動産マーケット」では以下の記事を配信しています。

ミネベアミツミ「異次元価格」で大型ビル取得の訳

海外ファンドが日本の不動産に「強気」になる理由

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT