台湾TPP加盟申請で問われる「岸田新政権」の手腕

中国が先に申請したことで揺れる台湾政府

蔡英文総統は就任時からTPP加盟申請の準備を進めてきた(写真:AP=アフロ)

「台湾がTPPに加盟できる可能性はどれくらいか、10%以上か、20%は超えるのか」(台湾最大野党・国民党の立法委員※国会議員に相当)、「台湾はハイレベルな貿易ルールにのっとった国だ。20%よりもはるかに高いはずだ」(台湾行政院通商交渉担当官僚)

台湾政府は9月23日に環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟申請を行ったことを発表し、台湾の立法院(国会)ではこの1週間、TPP加盟の実現可能性について、激しい議論が繰り広げられた。

台湾は岸田新総裁に期待する

通商交渉担当閣僚の鄧振中・政務委員は「今年、(TPPの)議長国である日本とは非常に緊密な関係であり、今こそ加盟すべき時がきた」と日本の役割に期待する。9月29日に行われた自民党総裁選後には、主要台湾メディアが岸田文雄氏当選の結果について「親台派の岸田氏が新総裁」「新総裁・岸田氏は台湾のTPP加盟を支持」などと相次いで報じた。

ただ9月16日には、その中国が台湾に先んじてTPPに加盟申請を行ったと発表。鄧氏は申請時期について「最善の時期だと考えたためで、中国の動きは関係ない」としたものの、TPPへの加盟は参加国すべての同意が必要であり「中国はつねに台湾が国際社会と連携するのを阻もうとしてきた。もし中国が先にTPPに加盟すれば、台湾のTPP参加に不利になることが予想される」(鄧氏)と警戒する。台湾外交部の幹部も「TPPからも外されてしまうのか」と危機感を深めている。>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「緊迫 台湾情勢」では台湾のTPP加盟申請に関する以下の記事を配信しています。

台湾加盟申請で問われる岸田新政権の手腕

申請で激突、台湾と中国に求められる条件

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT