全国データからわかる「宅配争奪戦」の現在地

愛知は軽貨物の運送事業者数が4年で5割近く増加

EC市場の拡大を受けて一時は人手が足りずに物流クライシスと呼ばれた。だが、今では事業者が増えて競争が激化している(撮影:今井康一)

急増する荷物と人手不足で物流業界はパンク寸前。モノが運べなくなる日がすぐそこまで迫っている――。そうした懸念が高まる中、週刊東洋経済で『物流が壊れる』と題して特集を組んだのは2017年初めのことだった。

あれから4年が経過し、日本国内で宅配を担う軽貨物運送事業者の数や車両数はどのように変化したのか。

全体の動向をみると、減少傾向だった事業者数は2017以降は増加に転じ、車両数の拡大ペースは加速している。これはEC(ネット通販)市場の拡大を見て、運送事業を始める業者が増えたからだろう。

物流クライシス以降の変化をより詳しく見るため、2016年3月と2020年3月の都道府県別の「車両数」と「事業者数」の増減率、そして配送網の充実度を示す「1車両当たりの世帯数」と3つの表を作成した。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

デジタル特集「EC物流狂騒曲」では以下の記事を配信しています。記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

物流の“革命児”に身売りの相談が引きも切らない事情

ヤフー出店者が驚いたヤマトの格安配送

アマゾン「物流のドン」退任が招く波紋

脱・大手へ?新興サービス相次ぐ宅配大混戦

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT