イオン、ネットスーパー変革を託した「2人の社長」

「儲からない事業」は子会社から改革できるか

イオンでネットスーパー変革に向けた使命を担う、イオンネクスト準備の社長を務めるバラット・ルパーニ氏。写真は2019年のオカドとの提携会見時(撮影:今井康一)

「そうとう遅れていると言われている日本の小売り業も、大変革を余儀なくされている。イオンは遅まきながらDX改革を推し進め、(イオングループ共通アプリの)『iAEON(アイイオン)』の配信などを発表した。2023年に向けては『オカド』がいよいよ稼働する」

イオンの岡田元也会長は、9月1日のフジとマックスバリュ西日本の統合合意に関する会見で、コロナ禍が加速させたDX(デジタル技術による事業変革)に言及した。

イオンが進めるDXの対象領域の1つが、ネットスーパー事業となる。これまで同事業は、「コストが高く儲からない」というのがスーパー業界内での定説だった。その変革に挑む重責を担うのが、2人の子会社社長だ。

「オカド」運営を託された海外人材

1人は、2019年12月に設立された「イオンネクスト準備」の社長を務めるバラット・ルパーニ氏(51)。任せられたのは、ネットスーパー専用の新物流施設「イオン誉田CFC」の準備と稼働後の運営だ。CFC(顧客フルフィルメントセンター)では、注文の受け付けから商品の梱包や配送、在庫管理などを行う。2023年の稼動を目指し千葉市内で建設が進む。

岡田会長が述べた「オカド」とは、このイオン誉田CFCを指す。オカドと略するのには意味がある。イオンが2019年から提携するイギリスのネットスーパー専業・Ocado(オカド)社のノウハウを取り入れた最先端施設となるからだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「流通の巨人 イオンの現在地」では以下の記事を配信しています。

「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図

ネットスーパー変革を託した「2人の社長」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT