コロナ禍で急増している「未経験IT就職」の実態

志望者は若者だけでなく、30~40代にも広がる

コロナ禍の影響もありIT業界に転職を志望する人が増えている (写真:asaya/PIXTA)

コロナ禍になってもう1年半ほどが経過した。常時マスクをつける生活やリモートワーク、自宅で過ごす週末にも慣れてきた感がある。しかし、このコロナ禍によって社会が大きく変わったのは事実だ。特に業界や企業の業績には大きな影響があった。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

今年4月に帝国データバンクが発表した「新型コロナウイルスによる企業業績への影響調査」(2020年度4~12月期決算速報)によると、主要43業種の売上高の前年比平均増減率は、「電気通信・郵便(26.0%増)」「教育(11.4%増)」「スーバーストア(9.6%増)」「専門サービス(7.7%増)」「不動産(7.7%増)」が伸びた一方、「貴金属製品卸(17.1%減)」「皮革製品製造(12.9%減)」「飲食店(11.3%減)」「宿泊業(9.6%減)」「娯楽業(7.8%減)」といった業種は大きく業績を下げている。

IT関連業界が好調

業績が伸びた業種を見ていると、ある共通点が見えてくる。それは「IT(情報通信)」が関わる業種が多いことだ。

例えば、「電気通信」はインターネット通信を指し、「教育」も「eラーニング」によって業績が伸び、「専門サービス」には「DXコンサルティング」が含まれる。5.6%増えている「広告・情報サービス」もまさしくIT分野だ。リモートワーク(授業)の導入においても、すごもり需要においても、その鍵を握っているのは「IT」だと言える。

次ページ志望意欲上がる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT