総裁選の争点、核燃サイクル政策「破綻」の現実味

原発の新設・更新進まず、再処理は行き詰まる

インターネット番組の討論会に臨む自民党総裁候補。左から河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の各氏(写真:時事)

原子力発電所で一度使ったウラン燃料を再処理・再利用する核燃料サイクル政策の是非をめぐり、9月29日投開票の自民党総裁選で激しい論戦が繰り広げられている。

有力候補の河野太郎・行革担当相が「核燃料サイクル政策の見直し」を主張しているのに対し、岸田文雄・前政調会長は「核燃料サイクル政策をやめた場合、使用済み核燃料の行き場がなくなる。核燃料サイクルは堅持するのが妥当だ」と主張している。

しかし、NPO法人「原子力資料情報室」の松久保肇事務局長の推計によると、原発29基が稼働し、うち14基でウラン・プルトニウム混合酸化物燃料(MOX燃料)を使用するプルサーマルが実現した場合、六ヶ所再処理工場(青森県六ヶ所村)の稼働が約40年の運転期間を経て2063年度に終了した後に、約1万3600トンの使用済み燃料が再処理できずに残ってしまう。

なお、この想定は政府や電力会社にとって、現在考えうる最も理想的なシナリオである。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「どうする ニッポンの原発」では以下の記事を配信しています。

総裁選の争点、核燃サイクル政策「破綻」の現実味
 

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT