「脱・大手」の兆し?新興サービス相次ぐ宅配大混戦

3PL大手や中小運送会社が独自の配送網を構築

3PL大手のSBSホールディングスが2020年ごろから本格展開している宅配サービス。モノタロウなどの宅配を受託している(記者撮影)

大手寡占の牙城は崩れるのか――。

EC(ネット通販)市場拡大に伴い、宅配便の荷物量が急増している。国土交通省によれば、2020年度の宅配便の取り扱い個数は前年度比11.5%増の47.8億個。そのうち9割超を占めるのが、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手3社だ。

この大手がほぼ寡占状態の市場で、物流事業者が宅配サービスに参入する動きが相次いでいる。

荷主は大手に不信感?

3PL(物流の一括受託サービス)大手のSBSホールディングス(HD)は、2021年に入ってから福島県と大阪府の中小運送会社2社を買収。さらに日本政策投資銀行との共同ファンドを通じて、千葉県の運送会社に対して将来的なグループ会社化を視野に出資した。

SBSHDの鎌田正彦社長は「地場の中小運送会社を対象にした"スモールM&A"によって、配送ネットワークを拡充する」と意気込む。

SBSHDの主力事業は倉庫内業務の代行だが、2020年ごろから東名阪を軸に全国主要都市での宅配サービスの展開を本格化。間接資材のECを手がけるモノタロウなどから宅配を受託している。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「EC物流狂騒曲」では以下の記事を配信しています。

ヤフー出店者が驚いたヤマトの格安配送

アマゾン「物流のドン」退任が招く波紋

楽天、物流事業で浮上した「訴訟問題」

脱・大手へ?新興サービス相次ぐ宅配大混戦

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT