「すべてがインフレ」住宅業界襲うウッドショック

業界のキーマンが見通す木材価格高騰の先行き

住宅需要は強含みで、木材価格は高騰を続けている(編集部撮影)
木材価格の高騰が続いている。
「ウッドショック」が顕在化した2021年春の時点と比べると、国内では流通量は確保されているものの、海外のサプライヤーと春の高値の時点で契約した木材が現在輸入されて入港してきており、これが国内での取引価格が上昇する要因になっている。
日本木材総合情報センターによれば、9月上旬の調査で米マツ集成平角(国内で製材)の店頭渡し価格は1立方メートルあたり10万円と、8月初旬調査から5000円上昇。一方、ヨーロッパ産ラミナ材(集成材用の挽き板)は8万5000円と、8月に比べて4万円もの上昇となった。
7月時点のインタビューで「木材価格は9月がピーク」と話していたプレカット(加工材)業界最大手・ポラテックの北大路康信専務。木材業界のキーマンは今後の木材市況をどう読むのか。再び直撃した。

サプライヤーともめて、値決めできない

――木材業界では3カ月ごとに海外のサプライヤーと仕入れ価格の交渉を行っています。アメリカの住宅需要が落ち着き、アメリカでは木材価格の上昇も一服感がありますが、9月の交渉はどのような状況ですか。

(2020年夏から)アメリカで木材価格の高騰が始まったこともあり、世界の相場はアメリカが引っ張ってきた感があった。しかし、今年の夏場からアメリカの住宅需要は下火になってきた。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ウッドショックの波紋」では以下の記事を配信しています。

ウッドショック、住宅木材価格「平時の4倍」の激震

ウッドショック「次の交渉ピーク9月」へ戦々恐々

「価格のピークは9月、今年いっぱいは高い」

住宅各社がウッドショックより恐れる「リスク」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT