ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」

創業者で78歳の山田会長が社長を兼務へ

9月末で辞任するヤマダホールディングスの三嶋恒夫社長(左)。創業者の山田昇会長(右)が社長職に復帰するのは今回が2度目で、新たな後継者探しを迫られる(撮影:今井康一、尾形文繁)

まさに想定外の離脱だ。

家電量販の最大手、ヤマダデンキなどを束ねるヤマダホールディングス(HD)は9月15日、三嶋恒夫(62)社長が9月末付で辞任すると発表した。健康上の問題で職務遂行に支障が出かねないとして、本人から申し出があったという。当面は創業者の山田昇・会長兼最高経営責任者(78)が社長も兼務する。

三嶋社長は家具・インテリア、リフォームなども取り扱う「家電住まいる館」を短期間で多店舗化。収益的にも軌道に乗せた(編集部撮影)

山田氏に請われて2017年にヤマダ電機(現ヤマダデンキ)に入社した三嶋氏は、「後継者」として社内外で経営手腕に対する評価が高まっていた。物腰が柔らかく、現場の社員たちが話をしやすい人柄でもあっただけに、辞任を惜しむ声は多い。

三嶋氏は北陸の家電量販サンキュー勤務時代にリフォーム事業の立ち上げに関わり、同社を買収した大手のエディオンでもリフォーム事業の担当役員を務めた。ヤマダ電機入社後はすぐに副社長、2018年には社長に抜擢された。2020年秋の持ち株会社体制への移行後は、持株会社(ヤマダホールディングス)社長として、山田会長とともにグループの経営をとりまとめてきた。

創業者の山田会長が社長職に復帰するのは今回で2度目だ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

東洋経済プラスでは「ヤマダに染まる大塚家具」も配信しています。

大塚家具、ヤマダの「完全子会社化」でたどる末路

ヤマダの期待に応えられなかった大塚家具

大塚久美子社長が2年前のインタビューで語ったこと

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT