日産、生産担当トップ「水平分業化」に異論の真意

副社長が見通す「電動化時代」の車の製造現場

日産は新型EV「アリア」の製造拠点でもある栃木工場に、次世代型の生産システムを導入する(編集部撮影)
世界の自動車メーカーが電動化へ舵を切る中、日産自動車は電気自動車(EV)と独自のハイブリッド車(HV)技術「e-POWER(eパワー)」の2本柱で攻勢をかける。
その根幹を支える生産体制での競争力強化に向け、日産は自動化やデジタル化を推し進める次世代生産システム「ニッサン・インテリジェント・ファクトリー(NIF)」の工場への導入を進めている。
業界内では、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)技術の開発競争が激化し、異業種の参入も相次ぐ。自動車のものづくりの現場は今後どう変わるのか。日産の生産担当役員である坂本秀行副社長に聞いた。

――自動車の生産現場で今、どんな変化が起きているのでしょうか。

三重苦というと言い過ぎかもしれないが、3つの課題がある。

1つはEVやeパワー、さらには運転支援システムなどのCASE技術への対応。2つ目は高品質な車を成立させる匠の技の維持。3つ目が働きやすい職場の実現だ。NIFはそれらを克服して、次の世代に進むためのものとなる。

――NIFではEVやHV、ガソリン車を同じラインで製造するシステムを採用しました。

EVやeパワー、通常のガソリンエンジン車では、電池の大きさや、エンジン、トランスミッションなどといった扱う部品がそれぞれ異なる。部品の締結点も異なり、製造の複雑さは増している。

1つのラインを人の手で対応しようとすると(各車種への対応が複雑で)無理なので、ロボットによる自動化で対応する「パワートレイン一括搭載システム」を導入した。

――ヨーロッパ勢や中国勢では、EVやガソリン車を同一ラインで製造するのではなく、EV専用工場を作ってEVの製造コスト削減につなげようとする動きも出ています。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「電動化に託す 日産復活」では以下の記事を配信しています。

背水の日産、電動化で試される「存在価値」

「EVは簡単」との見方を真っ向否定の事情

新型EVで会員サイトに20万人登録の磁力

「アリア」開発者が重視するEVの差別化要因

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT