テロとの戦争がもたらした最大の「受益者」は誰か

国際政治学者の高橋和夫氏に聞くテロとの戦争

アメリカ軍撤退後のアフガニスタン。タリバン政権はどんな動きをみせるのか(AFP=時事)
アメリカ軍のアフガニスタン撤退で、2001年の同時多発テロ以降、アメリカが繰り広げてきた同国での「テロとの戦争」に終止符が打たれた。
戦争当初、アメリカ軍が駆逐したイスラム教原理主義武装組織・タリバンが再びアフガニスタンを制圧。テロの拡大などをこれまで以上に懸念する声が高まっている。今後、中東地域はどのような動きを見せるか。国際政治学者の高橋和夫氏(放送大学名誉教授)に話を聞いた。

 

――テロとの戦争には日本もアフガニスタン支援事業をはじめ深く関わりました。しかし、アメリカ軍の撤退という不名誉な形で終わりました。

この20年間、アメリカでは「こんな戦争はもう受け入れられない」という世論が高まっていた。撤退の実施に関して、あのような形がよかったかどうかは別として、それ自体はアメリカ国民が望んでいたともいえる。来るべきものが来たと言ってもよい。

――テロとの戦争当初はアメリカ軍に駆逐されたタリバンが、再度アフガニスタンを制圧できた理由は何でしょうか。

最大の理由は、アメリカがつくった現地政権の腐敗がひどかったこと。そして、隣国のパキスタンがタリバンを受け入れていたこと。タリバンは戦闘に疲れればパキスタンに逃げ込んで休息し、力を温存できた。

そもそも、アメリカのアフガン政策は矛盾を抱えていた。アフガニスタンは内陸国であり、そこに入るにはパキスタンかイランを通るしかない。アメリカはイランから入れないので、パキスタンしかルートがない。そのパキスタンはタリバンを支援してきたし、アメリカとの関係も維持してきた。その矛盾の中でアメリカは闘い続けた。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「対テロ戦争の帰結」では以下の記事を配信しています。

田中泰輔リサーチ代表に聞く
テロに対応した「超金融緩和」は何をもたらしたか

高崎経済大学・三牧氏に聞く
バイデン演説で露呈した「アフガン撤退」の詭弁

東京大学・佐橋氏に聞く
無様なアフガン「敗走」で米国は何を失うか

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT