脱プラが追い風、「アルミ飲料容器」広がる可能性

G7サミットでもボトル缶で飲料水を提供

無印良品は飲料容器をペットボトルからアルミ製ボトル缶に切り替えた(写真:良品計画)

「#自販機の脱プラ」「#アルミボトル缶」「#循環型社会への貢献」「#水平リサイクル」――。

日本アルミニウム協会の公式ツイッターでは最近、このようなハッシュタグを付けて、環境面でのアルミ缶の優位性をアピールする投稿を盛んにしている。

7月にはアルミ缶の2020年度の水平リサイクル率を3択クイズ形式で出題し、正解者の中から抽選で20人にアルミ製ボトル缶入りの水を1ケースプレゼントするキャンペーンも行った。水平リサイクル率とは、使用済みの製品を資源に戻して、再び同じ製品を作り出す割合のことを指す。

問題の正解は70%。これに対しペットボトルは、PETボトルリサイクル推進協議会が公表する最新数値の2019年度で12.5%にとどまる。もっとも同会の主張によれば、同じ条件で計算するとアルミの水平リサイクル率は48%という。ただ、いずれにしても大きな開きがある。アルミ側とすれば環境意識が高まる一方の中で、この水平リサイクル率のリードは大きな強みだ。

実際、環境への配慮からペットボトルの使用をやめてアルミ缶にシフトする動きが国内外で出てきている。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ペットボトルvsアルミ缶 ―飲料容器をめぐる大攻防戦―」では以下の記事を配信しています。

ペットボトル、リサイクルの高い壁

「アルミの飲料容器」が広がる可能性

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT