リーマン危機の淵から世界を"救った"男の素顔

プリンストン大学・清滝信宏教授がすべてを語る

世界的な金融危機が発生したあのとき、アメリカで1人の経済学者が重要な役割を果たした。

中央銀行が大規模な金融資産購入を通してマーケットの流動性を高める「非伝統的な金融政策」。2008年のリーマンショックでは“鎮火”に貢献した。今回のパンデミック(感染症の世界的な流行)でも復活し、金融危機を封じ込めた。

その理論化を主導したのが清滝信宏・プリンストン大学教授だ。バブルや資産デフレの構造を解明し、金融危機に対応した中央銀行の政策も学術的に裏付けた。日本人として初のノーベル経済学賞受賞も期待されている。

今回の独占インタビューでは、恩師の宇沢弘文氏と自身の理論のつながり、FRB(アメリカ連邦準備制度理事会)との関わり、そして日本経済への提言まで話が及んだ。

希代の理論家が語った白熱の100分を全5回で配信する。

清滝信宏教授のインタビューは無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

第1回 宇沢弘文氏の教えから昇華した「独自モデル」

第2回 中央銀行を魅了した「清滝理論」の核心

第3回 超一流の経済学者たちと向き合う「流儀」

第4回 金融政策、デジタル通貨の未来

第5回 日本経済に重大な関心
(第4、第5回は近日配信)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT