ジェネリック薬の日医工、「少額増資」が呼ぶ波紋

尾を引く製造不正、飛び交う業界再編の観測

日医工とメディパルの提携に対し、業界内でさまざまな臆測が飛び交っている(編集部撮影)

「日医工さんの今の状況ですから。結局キャッシュが必要だったということですよ」

ジェネリック薬メーカー大手・日医工が8月に医薬品卸大手のメディパルホールディングスと結んだ資本業務提携が波紋を広げている。別の大手医薬品卸会社の幹部は、この提携を冒頭のように評価する。

メディパルホールディングスは、“医薬品4メガ卸”と呼ばれる4大卸会社の一角であるメディセオを傘下に持つ持ち株会社。今回はメディパルが第三者割当増資によって日医工の株式を引き受ける。出資比率は9.9%で、日医工にとっての筆頭株主になる。

会社は「中長期的な提携」と強調するが…

日医工は今回の提携の理由を「メディパルによる当社への計画的な発注を行うことで、当社における生産スケジュールの適正化及び効率的な在庫管理に繋がる」と発表資料の中で説明する。この増資による調達額は52億円(2021年6月末時点の自己資本は1168億円)。その資金使途は「品質管理体制の強化・生産性向上に向けた投資」とする。

日医工のIR担当者は、「『50億円が欲しかったんですか』とよく聞かれるが決してそういうことではない。あくまで中長期的な業務提携が主眼」と強調する。

だが業界内でこの説明を額面通りに受け取る関係者は多くない。冒頭の卸会社幹部のように、両社の提携は業界内でさまざまな臆測を呼んでいる。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ファイナンス最前線」では以下の記事を配信しています。

ジェネリック薬大手の少額増資が呼ぶ波紋

レオパレスにファンドが570億円投じた真意

オンキヨーが「筋の悪い増資」で迎えた末路

パチンコ系からの増資選んだひらまつの胸中

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT