格安「オーケー」vs百貨店「H2O」、買収合戦の混沌

関西スーパーをめぐる駆け引きは5年前から

関東で急速に勢力を拡大するオーケーと、関西で知名度の高い阪急阪神百貨店などを傘下に持つエイチ・ツー・オー リテイリング。関西スーパーマーケットを巡る東西対決はどちらに軍配が上がるのか(写真左、今井康一撮影 写真右、編集部撮影)

「誠実とはいえない」「困惑しております」「大変残念でございます」

東京や神奈川などで格安スーパーを131店舗展開する非上場企業のオーケーは9月3日朝、創業者である飯田勧会長と二宮涼太郎社長の連名でプレスリリースを公開した。書面には上記のような、苦言ともとれる表現が何度も登場する。

これはオーケーが7.69%出資するスーパー業界中堅・関西スーパーマーケットの”買収攻防戦”を巡ってのものだ。

8月31日、阪急阪神百貨店の親会社であるエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)は関西スーパーとの経営統合を発表した。もともと関西スーパーに10.66%を出資していたH2Oが株式交換によって58%出資の親会社となり、関西スーパーはH2O傘下の中堅スーパー2社(イズミヤ、阪急オアシス)を子会社化し、中間持ち株会社として上場を維持するというスキームだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
本編では、5年前から始まっていた「三角関係」、オーケーの頭越しに結ばれた統合契約、株主が迫られる難しい選択などについて考察しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT