日産「アリア」開発者が重視するEVの差別化要因

初のEV専用プラットフォームを立ち上げ

今冬に発売予定の新型EV「アリア」の価格は500万円から(編集部撮影)
世界中の自動車メーカーが電動化のシフトを加速し、電気自動車(EV)をめぐる開発競争が激しさを増している。
そうした中、「EVのパイオニア」を自認する日産自動車はどう差別化を図っていくのか。「リーフ」以来、約10年ぶりとなる新型EV「ARIYA(アリア)」の開発責任者である中嶋光・車両開発主管に聞いた。

 

――日産にとって新型EVはどのような位置づけですか。

リーフを投入した10年前とは違い、世界がカーボンニュートラルに向けて動き出す中で、EVが拡大するフェーズに入っている。そこで、10年後の車社会がどうなっていくのかという視点で、未来の車の使い方を示したのがアリアだ。この10年間培ってきたEVの経験、80年の車造りの技術を入れ込んでいる。

お客さんの声が次の開発につながる

――リーフで培った経験はどのように生かされているのでしょうか。

開発したからこそわかったことがたくさんある。例えば、最初にリーフを作ったときは、さまざまな利用シーンでどこまで品質や安全性を保障するのかなどの基準作りを行った。その部分はアリアにも役立っている。

また、お客様からの声で気づかされる部分も多くある。バッテリーの温度を一定に保つ温度調節システムの導入もその1つだ。当初、真夏に走り続けると電池の充電がしにくくなるという声があり、温度調節システムの搭載につながった。お客様の声が(新たな)開発につながっている。了解を得たうえで、走行データや充電する場所などの情報も把握できている。

――アリアでは初のEV専用プラットフォームを立ち上げました。この狙いは。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「電動化に託す 日産復活」では以下の記事を配信しています。

背水の日産、電動化で試される「存在価値」

インタビュー・内田誠社長
「車の価値が変わる。この1年が正念場だ」

 「EVは簡単」との見方を真っ向否定の事情

 新型EVで会員サイトに20万人登録の磁力

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT