金融庁が第一生命に立入検査、真意測る生保業界

昨秋の19億円詐取問題を受け検査、なぜ今頃?

金融庁が第一生命に立ち入り検査に入っていることが判明した(撮影:梅谷秀司)

金融庁が8月末から第一生命保険に立ち入り検査に入っていることがわかった。検査では、昨秋に表面化した元営業職員による19億円の金銭詐取事件を受けて、再発防止策などの取り組み状況を主に確認しているとみられる。

同事件は第一生命だけでなく、大手をはじめとした生命保険会社における営業や、職員の管理態勢のあり方を問い直す契機になった。それだけに検査の真の目的や、金融庁の意向についてさまざまな観測が広がるなど、業界がさざ波立っている。

そもそも巨額の金銭詐取事件はなぜ起こったのか。その経緯を改めて振り返ってみる。

トップの営業職員をあがめる企業風土

「特別調査役として特別な特権・権限が与えられた。私にお金を預けたほうがよい」。当時、山口県周南市の西日本マーケット統括部徳山分室で、特別調査役という同社唯一の肩書を持つ高齢の営業職員(89)は、複数の顧客に「高金利で運用できる『特別枠』がある」などと持ちかけ、数千万円単位の金銭を各顧客から詐取していた。

第一生命の調査では、犯行は少なくとも2002年から2020年まで18年近くにわたって続いていたといい、被害を受けた顧客は判明しているだけで24人に上る。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「問われる保険営業」では以下の記事を配信しています。

日本生命の営業職員、「パワハラ提訴」の一部始終

再燃するハローワーク前の「採用活動」

日本生命、コロナ禍でも「対面でアポイント」

ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨

生保レディ「大量採用&大量脱落」の悪循環

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT