メルカリ黒字化「コロナで費用削減」除く真の実力

国内のフリマユーザーはまもなく2000万人に

フリマアプリ「メルカリ」の国内アクティブユーザー数はまもなく2000万人を突破する見込みだ(画像:メルカリ)

フリマアプリ国内最大手のメルカリが2014年の創業来初めて、年間の売上高で1000億円を超えた。上場以来初となる通期での黒字化も達成。2021年6月期の売上高は前期比39%増の1061億円、営業損益は前期の赤字から244億円改善し51億円で着地した。

昨年春のコロナ禍突入以降、メルカリは経営環境の悪化をにらみ、人材採用やマーケティングの投資を一時的に強く抑制。昨年末頃からは徐々に再開したものの、結果的に年間の広告宣伝費は前期比で25億円削減した。

とはいえ今回の黒字化は単純に費用を削減した結果ではない。営業損益の改善幅244億円のうち大半を占めるのが、218億円の「増収効果」(売上高から売り上げ連動費用を差し引いたもの)だ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
「東洋経済プラス」では全3回にわたり、山田進太郎CEOにメルカリの抱えるあらゆるテーマについて直撃しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT