不妊に悩む夫婦が「卵子を買うしかない」特殊事情

無償提供には限界、ブローカーとのトラブルも

卵子を求めるカップルに対し、提供者の確保は難航している(写真:Motortion/iStock)

高額な費用を積んでも、子どもを持つために「第三者から卵子をもらうこと」を選択する人たちがいる。

卵子をもらうのは、早発閉経や加齢、抗がん剤治療による卵巣機能の低下などの理由で女性の卵子では子どもをもつことができない夫婦だ。

夫婦は生殖ビジネスを専門とする仲介業者に対して、350万〜500万円の費用を支払う。卵子を提供する側の女性は報酬として60万円程度を受け取るのが大方の相場だ。ほかにも凍結保存した卵子1個を10万円などと値付けし、クリニックが販売している場合もある。

日本では卵子提供を含む生殖医療について基準を定めたような法律はない。20年以上前から議論されてきたものの結論が出ず、文字通りの“無法地帯”だ。仲介業者とのトラブルも発生している。それでもこうした有償の卵子提供が広まりつつあるのはなぜだろうか。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「生殖ビジネスの功罪」では以下の記事を配信しています。

「卵子売買」ブローカーの驚く実態

不妊に悩む夫婦が「卵子を買うしかない」事情

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT